ら♪ら♪ら♪アメリカ株投資

夢は配当金で世界遺産巡り!米国株投資に挑む「かぶ女」です♪

【金】買ってみた♪

f:id:lalala-kabujo:20200220080220j:image

 

「有事の【金】」といわれますが、今まで【金(ゴールド)】を買ったことがなく、初めて買ってみました♪

 

 

ここ数か月、他の投資として不動産投資を真剣に考えました。

先日のブログに詳細を書いた通り、内見までしたのですが・・・結局私には向いていないことがハッキリとわかりました。

 

その後、金投資を調べ、金のETFにしようか現物にしようか・・・

 

 

<金のETFを検討した結果>

 

純金上場信託(金の果実)が条件を満たしました。

理由は現物国内保管型現物交換が可能ということ。

ビビりの私には金現物の裏付けの無い倒産リスクのあるETFには、とてもとても投資なんてできません!

 

ETFの最大のメリットは、保管しなくても良い、盗難の心配が無い。

少額から積立てられるというところもメリットだと思います。

 

デメリット信託報酬がかかる。現物交換する場合も手数料がかかる。

 

しかしながら、メリットデメリットを熟考し、純金上場信託(金の果実)を「金投資」の第一歩として考えていました。

 

 

今回の新型コロナウィルスショックで、早急に【金】の購入に踏み切ることに!

 

 

T貴金属へ

 

不動産投資を諦めたので、すでに金投資については調査済みでした。

自分に向いている金投資としては、現物の裏付けのあるETF「純金上場信託(金の果実)」もしくは、金地金を購入する、そのどちらかです。

 

当初はETFでスポット買いをしようと思っていましたが、新型コロナウィルスショックで日米市場が荒れ始めました。

 

株式市場はまだまだ底が確認できず、ずるずると下落の一途を辿っています。

来週に反転するのか?

それとも上下を繰り返しながら下に行くのか?

 

すでに金価格は上昇しつつあり、高値を更新してきている中、ほんの少し、【金地金】を購入してみました。

 

これも、きっかけがないとなかなか踏み出せない新投資ですので、とりあえず「金を買う」とはどんなものなのか・・・??という経験として金地金(いわゆる金の延べ棒、ゴールドバー)を購入してみることにしました。

少額なら金貨という選択もあるのですが、どうもコスパが悪いらしい

もちろん、金地金であっても300g以下は安くない購入手数料がかかります。

 

T貴金属に入店すると、まばゆいばかりのネックレスやら指輪やら・・・ショーケースに陳列されています。

お上品な店員さんから、金売買は上階であると伺い、エレベーターで上階に移動すると、そこは銀行の個別窓口のような個室と待合の椅子が並べられており、先客がたくさんいました。

1階のショールームの静けさとは趣きが全く異なります。

 

待ち時間があったので、周りを見回すと仏具のコーナーが!

金ピカの仏具がたくさん陳列されていました。

仏具の相続には税金はかからないんですよね。

そうだ!この手があったか!!

きっと、余裕のある方々は金仏具で資産の一部を代々相続してゆくのでしょうね~。

 

個室といえど、背丈くらいの壁なので、中の話し声は筒抜けです。

ほとんどの方がこの上昇相場で【金】を売りに来ていらっしゃいました。

終えて個室から出てくる方を見ると、高齢者がほとんどです。

お年寄りは現物の【金】を蓄えていらっしゃるのですね~。

 

少しばかりの金地金を購入し、思っていたよりとても小さいことに驚きました!(笑)

購入金額が少額なので小さいのは当たり前ですが、それでも思っていたよりかなり小さかったです。

しかし、手にのせてみると、見た目が小さい割にはずしりと重みがあります。

 

あ~、これが【金】かぁ~と実感。

延べ棒と呼ぶには、かなり小さいですが、、、。

ピカピカ光り、まばゆいばかりです。

 

 

金の現物を購入することの一番のデメリット保管です。

泥棒・・・

 

これには、少し安心材料があります。

金地金にはナンバーが刻印されており、購入者登録をするので、万が一盗難にあった場合、登録番号をT貴金属に伝えれば市場で換金できなくなる仕組みがあるとのこと。

溶かされたら終わりだな・・・と思いつつ・・・こっそり大事にしまっておこうと思います。

 

ビビりの私には、金現物保管はあんまり向かないな・・・と思いながら帰宅しました。

やっぱり金ETFのスポット購入がいいかも。

市場が安定したら、再度、金ETF投資を検討しようと思います。

 

 

▼▼▼ランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。


にほんブログ村