ら♪ら♪ら♪アメリカ株投資

夢は配当金で世界遺産巡り!米国株投資に挑む「かぶ女」です♪

アンテロープ キャニオンX

f:id:lalala-kabujo:20181125003305j:image

今回の渡米の1番の目的は、ずっと憧れていたアンテロープキャニオンです。

アッパーとロウアーの二ヶ所が超有名で、アンテロープキャニオンの画像を見たことの無い人は、少ないのではないでしょうか。

化粧品のCMにも使われていたような、、、。

インスタグラム等のSNSで拡散されている絶景で、今はとても人気のある観光地です。

ラスベガスからたくさんのツアーが出ています。

 

 今回は、天気の都合上、第3の渓谷、キャニオンXに行ってきました。

 

ナバホ族の居留地で、近年のアンテロープキャニオン人気ゆえに、連日の混雑ぶりを見て、ナバホ族が新たに解放したキャニオンX

まだ観光地としてガイドブックに掲載されていないので、観光客も少なく、ゆったりと観光したり撮影できました。

 

キャニオンXの駐車場に到着してバスを降り、車を乗り換えて入り口まで移動します。その後、15名ほどずつに分けられ、そのパーティーに一人ずつ現地ガイドが付きます。その現地ガイドはナバホ族の方のようで、道案内の途中で写真を撮ってくださいます。基本的には、その現地ガイドについていきますが、かなり自由が利くので、ツアー参加者は思い思いの背景で写真を撮っていました。

 

聞くところによると、アッパーやロウアーでは立ち止まって撮影するのも困難なほど観光客が溢れているようです。

それに比べると、とてもゆったりと、背景に人が映り込むことなく写真が自由に撮れるので、ゆっくり絶景を楽しめました。実際に比べたわけではありませんが、少し規模は小さいようです。しかし、このゆったり感は格別であると思いました。

 

このキャニオンXも、ツアーが催行され始めているので、おそらく混雑するのも時間の問題だと思います。SNSで絶景が拡散されるので、その絶景に憧れて訪れる観光客が後を絶たないようです。

実際、すでに団体観光バスは他にも訪れていました。アッパーやロウア―では受けきれなくなった多くの観光客が、今後キャニオンXに流れることでしょう。

 

私達が大自然を堪能させていただく為には、その自然を守る現地の努力は大変なことであると痛感します。できる限り私達は迷惑をかけないよう、自然を守ることを心がけて、大事な自然という財産を見せていただく・・・という心づもりで出かけたいものです。

 

アンテロープキャニオン、確かに素晴らしかったです。是非オススメしたいスポットです。

カメラの設定が大事でして、、、目で見た景色よりも、綺麗に写っています♪

バスの中で、それぞれのカメラの設定方法を教えて下さいました。

 

今回お世話になったのは、ラスベガスからのツアーが豊富な「VERTRA」です♪

゜:*★ラスベガスのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

 


にほんブログ村
にほんブログ村